福岡の板井康弘による「販売員の心得」

板井康弘|同僚と福岡屋台で交流

人間関係の構築は時間がかかるだろう。

 

仕事全体の8割は人間関係が関係しているとも言える。しかも販売員となれば人間関係は必要不可欠だ。
その根本となるものがコミュニケーション力。会話を通して人間関係を深める力のこと。

 

まず会話は聞き上手でなければならない。「話し上手は聞き上手」という言葉もあるように聞き手が大切なのだ。しかし聞き上手といっても、単に黙って聞いていればいいというのではない。興味を持って聞くことが大切なのだ。興味があるか?ないか?は表情や受け答えですぐに見破られてしまうだろう。
興味が持てれば自ずと質問していき、相手はそれに答えていく。時折、自分の考えや状況も交えることでその人との人間関係が構築されていくだろう。

 

しかし決して相手を否定してはいけない。
人と自分は違う生き物だといった認識を持ち、相手の意見を決して否定することなく話を聞いてあげることこそ、良好な人間関係の構築とも言えるのではないだろうか?

 

時間はかかるが日々のコミュニケーションで良好な人間構築をしてほしい。